おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧

帰宅後は大忙し

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

うちは年中の女の子がおります。
ほんの少しですが、次の日の幼稚園の準備を自分でするように
促しています。
今はまだハンカチの交換くらいです。

私はフルタイムで働いており、時期により残業があるのと職場が遠いことから
幼稚園の通常保育のあと20時までの預かり保育を契約しています。

お迎えに行って帰宅する時間は、日によりますが平均して
19時~19時半の間  
帰宅してから寝るまでは下記のとおり

①抱っこ(週、半々(笑))
②幼稚園グッズをすべてだす
・給食のお箸セット(お箸、スプーン、フォーク、ケース)
 (・お弁当の時は上記+お弁当箱)
 ・うがい用のコップと歯ブラシ
 ・おやつのゴミ
 ・上記3つをそれぞれ入れている巾着をしまう
 ・ハンカチ
 ・水筒
 ・おしぼりケース、おしぼり
 ・ランチョンマット
 ・お便りの有無確認(この時点ではまだ読まない)
 ・出席ノート
 ・お友達からもらったお手紙やお絵かきしたもの、作ったものなどの山のような紙類
③上記②のものを確認し、洗ったり洗濯にまわしたり、園専用のバックに戻したり、翌日の準備
④洗い物と並行しながら夕食準備
  前日や朝のうちに準備ができたりできなかったりと、まちまち。
⑤夕食&片づけ
⑥入浴

ここまでこなすのに、途中、
「一緒に遊ぼう~」「みてみて~」「抱っこーーーーーー」「おなかすいたーーー」
「お手伝いしたいー」
邪魔が要望が入ってきます。
 
なので、あっという間に21時、21時半となってしまい、
遊んであげる時間がなくなります。
少し遊んだりすると就寝時間は22時になることが多いです。
遅いですよね。
(ちなみに夫は帰宅していても、ほぼあてにできません、諦めています。)

朝は7時に起こして、7時40分頃には出発です。
冬は雪道なので7時20分すぎには出ないと間に合いません。

大先輩のオーガナイザーの方のセミナーを受講したときに
お手伝いをしたいといってきたらチャンス!!
  ご飯づくりも一緒にやってみましょう。
  自分でやった方が早いけれど、一緒に行うことで
  子供はお母さんと遊んだ感覚で満足するし、将来に役立つ
とアドバイスを受けて、以前やってみたところ、本当にその通りで
今や三色ごはんの卵とそぼろ、チャーハンなど、手を添えてあげなくても
ある程度一人で調理できるようになりました。
その間、洗い物もできちゃうんです!!

でもそれは、ある程度の時間があるとき。。。
帰宅時間が遅いと、その分、子供の寝る時間も遅くなって
当然起きれないのです。つまり、私が大変です。

子供にお手伝いをしてもらうことによって、家事を通してコミュニケーションがとれ、
子供の自立も図っていけれる
  でも
翌日の朝のことを考えると、起きてくれないと本当に大変で、お手伝いをさせない方が
平和(笑)でさらに子供の寝不足を回避できる

悩ましい問題ですが、時間にやや余裕のある時、翌日の朝ゆっくりできる時など
無理のないようにやっています。
最近はランチョンマット、カトラリーの用意、盛り付けもしてくれるようになりました。

高校生はお弁当ですよね。
その時になったら、自分でお弁当を作って持っていくようにさせたいと、目論んでいます(笑)。


[PR]
by vidacomoda | 2015-11-12 13:17 | 子供のこと | Comments(0)