おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧

年中女子の要・不要の判断基準

こんにちは。ライフオーガナイザーのchiekoです。

我が家には、年中の女の子がいます。
2Fに子供部屋がありますが、まだ使っておらず1Fで遊んでいます。
ただ、うちの1Fには、リビング以外の部屋はありません。
なので、リビングの一角に子供が遊ぶ折り紙やお絵かき帳、簡単なブロックなどをおいています。

ドラえもんが大好きなので、年中になってから「どらゼミ」を始めました。
それと英語を習っていて宿題がでます(おうちでやってきてねぇ~くらいのゆるい感じ)。
このドリルや英語の宿題が、塗り絵やらお絵かき帳やら、色々なものと混在し始め、
ドリルをさせたくても、すぐに探し出せない状況になっていました。

さらに、お誕生日プレゼントなど、新しく入ってきたものも、置く場所がなく
とりあえず置いたままの状態となってしまいました。
d0340310_08213621.jpg

ドリル類、お絵かき帳など、私も子供も サッと取り出せるように
普段遊んでいるものが一目でわかるように
子供の意思を聞きながら一緒に片づけをしました。

ライフオーガナイズは、「捨てる」から始めません。
自分がどういう暮らしをしたいか、大切なモノ・ことはなにか、
自分に必要なモノを選び取ることから始めます。

すべてのモノを出して、この場所に何を必要とするのか
要・不要の判断をします。
要・不要の2択は難しいので、3~4択のカテゴリーを決めます。

たとえば、
「使っているし好き/使っているけど好きではない/使っていないけど好き/使っていないし好きではない」
「毎日使っている/週に1度/月に1度/使っていない」
など、自分がわかりやすい判断基準を決めます。

さて、年中女子に「どんな暮らしがしたい?」と聞いてもわからないし、
「どんなカテゴリーに分けたらやりやすい?」なんて聞いても
ややこしい話になるので、こんなふうに進めてみました。

私「ねぇ、もうすぐクリスマスだよね。ツリー飾りたいんだけどどうする?」
子「飾りたい!!」
私「ここみて。ツリー飾れる場所あるかな?」
子「・・・・・ないね。お片付けする!」
(にやり)
私「年中のお姉さんだから、もうあんまり遊ばないオモチャもあるよね。
  一回全部出して、一緒に考えてみない?」
子「オッケー! いいよ~」  (なんとなく上から目線・・・)

ここで4つのカテゴリーをどうするか、色々と聞いてみました。
「使っているか、使っていないか」
「好きか、好きじゃないか」
「いるか、いらないか」
案の定、全部「必要」というような反応でした。

「1F(同じ場所)に置いておきたいかどうか」と聞いてみると、腑に落ちたようで
①1Fに置きたいし自分が持っていたいもの
②1Fに置きたいけどお母さんが預かっていてもいいもの
③2Fの部屋に置いてもいいもの
④小さいお友達に譲りたいもの
に決まりました。
d0340310_08220570.jpg

①は普段からよく遊ぶ折り紙や直近で作った作品など
②はショッピングセンターなどでもらったお面?など
③おままごとセットなどお友達が遊びに来てくれた時に遊ぶもの
④年少までの「しまじろう子供チャレンジ」の教材など

自分で決めて片づけたので、「○○がない!!」など一切言わず、
クリスマスツリーも無事、飾れました!!

d0340310_08312363.jpg


d0340310_08314300.jpg


もうすぐクリスマスですね。
小さいお子さんがいらっしゃるお宅は、サンタさんからのプレゼントが
ちゃんと片付くように、小さいスペース、小さなおもちゃ箱から片づけてみませんか?



[PR]
by vidacomoda | 2015-12-13 08:32 | 子どもの片づけ | Comments(0)