おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧

学習机の検討②<小学校の入学準備>

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

学習机について、色々と調べています。




学習机を販売している側からの情報は
やはり「入学前に用意する方がよい」ということです。

一方、専門家等からの助言?を基にしている総合情報サイトで調べてみると
低学年のうちはリビングで学習するだろうから、
「様子を見てからで大丈夫」というニュアンスでの情報が多いように思います。

<入学前に用意する方がよい>
●入学前から椅子に座って机に向かうことを好きになることで、
  小学校の授業で椅子に座って先生の話を聞くことが苦にならなくなる
●学習環境を整えることで学ぶ力を伸ばす
●家庭での練習が不可欠で、学習専用の自分だけのスペースである「学習机」「椅子」を
  用意することで、学習のオン・オフの切替を繰り返す。
  そのことにより、学習への集中力・学習習慣が身についてくる
以上、ベネッセより引用

●机に向かう習慣がつきやすい
●教科書・文房具、ランドセルなどの学習用品を整理できる・
  片付けを習慣づけることができる
●正しい姿勢で勉強しやすい
●自分の場所を作ることで、子供の自立につながる
●「自分のお城である」「自分の机で宿題をすること」に特別なワクワク感を覚える
●「小学生になる」モチベーションがあがる
●1人で集中して勉強できるようになったときには、
  すぐに子供部屋にある机に向かうことができる


<様子をみてからでよい>
●実際に勉強するのはリビング・ダイニングになるだろうから、なくても大丈夫
●低学年のうちは勉強道具がほとんどないので、机があるとそこにオモチャをいれてしまう
●2階など離れたところにある子供部屋におくと、ただの物置き場になりがち
●机を本来の用途として活用できないであろうから、
  1人で勉強できる習慣が身についてからで十分
●「宿題は食卓で」と考える専門家もいる(陰山英男さん)

というようなことが書かれていました。

双方納得ですね~。


ただ、リビング学習の場合には注意が必要という情報もありました。

●ダイニングテーブルなどは「子供の学習」のために作られたものではないので
 「お勉強の姿勢」に適していない。
●椅子が高く足がブラブラして状態で集中力を欠く
●テーブルが肘より高いと目が近くなってしまい視力に影響が出る可能性がある
●テレビやオモチャなどの娯楽品に目移りして集中できなくなる
●ランドセルや文具などの収納場所を考えること
●食事をするときに消しゴムのカスや教科書が散らかった状態になることも
●宿題や教科書におやつのカスで油染みがついてしまうことも

いづれも納得することばかりで、どうしたらよいか迷ってしまいます。

購入する場合、購入前に準備すること・チェックすること、選び方、どこに置くかなど
次回に続きます。






[PR]
by vidacomoda | 2016-10-15 01:12 | 小学校入学準備 | Comments(0)