おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧

ダンス衣装のリメイク

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

今回は独り言です。

昔、そう、若いとき、フラメンコを習っていました。
私が習っていたスタジオの先生は、
上手な一部の人だけがライブに出るのではなく、新人さんもどんどん出なさい
発表会は全員参加!! 
という考え方の先生でした。

発表会に出るには衣装が必要ですが、フラメンコ衣装、高いのです。
先生に教わって自分で作るようになりました。
発表会ごと、さらに踊る曲のイメージごとに、衣装を都度 作成していましたので
結構な量になりました。

またフラメンコを習いたいのですが、当面、できそうにもありません。
それに、当時からかなり太ったので、まったく着れません(涙)😢

ほぼ着ないであろう大量の(笑)衣装・・・・

普段は使用頻度に重視し、不要→なんらかの処分 が割とできる私ですが
これだけはおもいいれが強くて、処分できず衣装ケース2~3個に保管していました。

そして今、この衣装をリメイクして、年1回、年長女子のドレスなどを作るようになりました。
ハロウィンパーティの衣装です。





 ●何者かよくわからないハロウィン風の衣装

d0340310_18380063.jpg

●エルサ風(笑)

d0340310_18381136.jpg

●魔女っぽい人

d0340310_18381641.jpg


●なんちゃってソフィア

d0340310_18382156.jpg


今や安価でキッズ用のドレスが沢山販売されているので
リメイクとはいえ、それにかかる労力と比較すれば
購入した方が楽・安価・良質なのだと思います。

でも、手放せなかった思い入れのある衣装が
子供のドレスに生まれ変わり
たとえその年のハロウィン1回だけしか着なかったとしても
年長女子が完成するのを楽しみに待ってくれて
喜んで着用してくれることが、とても嬉しく思うのです。

来年からは、作ったものでなくて買って~ と言うようになるのかな
とも思います。

喜んで来てくれるのも今のうちだな、と思い、
せっせとリメイクした4年間(4年少で入園したので)なのでした。

独り言にお付き合いいただきありがとうございました。




[PR]
by vidacomoda | 2016-10-25 18:45 | ひとりごと | Comments(0)