おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧

年長の時に小学校入学にあたって準備していたこととその結果①

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

昨年の夏のあたりから、小学校に入学するのに
どんな準備が必要なのか考えていました。







10月頃にリストアップしていたのが、こちら

準備をしてどうだったか・どのようにしたか、というとこんな感じでした。


●ランドセルの購入について

 必ず必要なので購入しました。
  選んだ基準は今の時代のスタンダードなもの
  色は私が考えていることを伝えて(高学年になっても使いたいと思うのかということ)
  自分で決めさせました。


●学習机を購入するかどうかの検討
●勉強する場所をどこにするかの検討
●ランドセル置き場をどこにするかの検討
●学童用品の置き場をどこにするかの検討

 これらは一緒に考えていかないとならなくて、子供と話をしながら
 入学ギリギリまで検討していました。

 私としては
  ・勉強をさせるのはリビングで
  ・キッチン横にある私のデスクコーナーで学習させたい
  ・場合によってはダイニングテーブルでもOK
  ・ランドセル・学童用品の置き場は私のデスクコーナー周辺に設置する
  ・学習机は基本的にはまだ要らないと考えるけれど
    子供自身の考えも聞きながら検討しよう
 このように考えていました。

結果、学習机は購入し2階の子供部屋に置きました→『学習机の検討⑦決定』

『親が家事をしていも目の届く場所で学習させる方がよい』 
という話しはよく聞きますし、本当は私もそうしたかったのです。

ですが、うちは年上のお友達との交流が結構多くて、
お家に遊びに行くと学習机を目にする機会が多かったのです。
幼稚園児の時から子供にとっては
「小学生になったら自分だけの机を買ってもらえる」
と、学習机への憧れが強かったのです(笑)。

だから学習机を購入することを拒絶するのは、ちょっと可哀そうかな~という
気持ちもありました。

それで、
小学生になったら毎日宿題が出るよ  
ドリルもきっとみんなやってるよ
時間割も自分でそろえていくんだよ

どんなことをやるのか
どこでやろうか
その時お母さん(私)はどこにいるのか
その時自分はどう思うのか
など、色々なことをイメージさせてみました。

その結果、やっぱり自分の部屋に机が欲しい(まあ当たり前かもしれませんが)
という気持ちが強かったので、購入することにしました。

目が届く場所と言っても
字の書き順を見てあげたり、答を出すまでの考え方(解き方?)を見てあげたりなど
実際には、キッチンで家事をしながら見ているということではなく
結局は隣に座ってみてあげないといけないと思うので
2階でも1階でもある程度の時期までは どちらもそれほど変わらないのかな? 
と思いました。

そしてなにより、子供自身のヤル気を大切にしてあげたいと思いました。
今のところヤル気満々です(笑)。



d0340310_07575602.jpg
ランドセルも机の横の引き出しワゴンの上に置きました。

d0340310_07574350.jpg
この高さなら、なんとか自分で置くことができるのと(重いんです)
ランドセルを開けて教科書の出し入れがしやすい高さなのです。

d0340310_07574817.jpg


他に準備していたことの結果については、別の記事にしたいと思います。

参考になることがあれば嬉しいです。
最後までお読み頂きありがとうございました。




[PR]
by vidacomoda | 2017-04-25 06:45 | 小学1年生 | Comments(0)