おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:ライフオーガナイズとの出会い( 2 )

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

ずいぶん日にちが経ってしまいましたが『ライフオーガナイザーになりたい① 』の
続きです。

もともと片付け・収納が好きな私でしたが、モノが多い・捨てられない夫と結婚してから、
そのあふれかえるほどのものを、どうしたらよいのかわからなくなり、
片付けられなくなってしまいました。

新居を立てる機会に、効率のよい収納方法を検索していたところ、
ある方のブログにたどりつき、その収納の仕方、インテリアがとっても素敵で
即、お気に入りに登録し、毎日読ませて頂いていました。

その方、急に「ライフオーガナイザーになりました」と。
「まもなくサービス開始します」と。
なになに? ライフオーガナイザーってなに? 
と今度は『ライフオーガナイザー』の検索が始まりました。

 人それぞれ価値観は違う
 人それぞれ心地いいと感じる空間は違う
 今まで片付けられなかったのは、できないのではなくて、やり方を知らなかっただけ
 今まで片付けられなかったのは、自分にあったやり方ではなかったため
 片付けをしやすい仕組みづくりをしましょう
 素敵ブロガーさんや本で紹介される片付け方をマネしてみてもうまくいかないのは、 
  あなたのやり方にあっていないから
 自分にあった片付けかたを知ろう
 
などなど、出てきました。

話しはちょっとそれますが、若いときフラメンコを習っていました。
フラメンコがすべてそうかどうかはわからないのですが、私が通っていたスタジオの
先生は、このようにおっしゃっていました。

 みんな同じ顔ではないし、同じ体格でもない
 表情も雰囲気もキャラも人それぞれ
 自分が一番格好よくみえる角度、ポーズをみつけなさい

 同じ曲を踊っていても、指や手の見せ方、肩・胸を見せる角度、表情など、
 みんながみんな同じ振りをする必要はない、基本のリズムは変えてはいけないけれど
 自分を一番よくみせるポーズで決めなさい

この言葉に私はとても惹かれてフラメンコにはまりました。
みんなと一緒じゃなくていいんだ、自分に合う形(ポーズなど)をみつければいいんだ。

ライフオーガナイザーを調べたとき、フラメンコに似てる と感じました。

私が夫のものを片付けたとき、
  どうしてそんなところに隠すんだ!? と怒られたり
  そんなしまい方じゃわからない!! と言われたり・・・
(だったら自分で片付けろ!!!!!! ですよねっ、腹立たしい)
夫のやり方と私のやり方が違うんだ・・となんとなく思ったのです。

そういうことなのかな? どうなのかな??
片付ける方法は1つではない、正解もないし間違いもない、自分にあった仕組みづくり
やっぱりそういうこと???

深いよ~、知りたい知りたい!!  という気持ちで2級を受講し、
もっともっと知りたい!! 
と一大決心して1級を受講し、資格を取得したのでした。

そして今、
自分に合った片付け方法、家族にあった片付け方法をみつけてもらうために、
そして私と同じ小さなお子様がいらっしゃるお母様に、少しずつでも楽になってもらうために、
サービス開始に向けて準備中です♪



にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村



[PR]
by vidacomoda | 2016-02-06 01:18 | ライフオーガナイズとの出会い
こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

「ライフオーガナイズ」という言葉を知ったのは、2年前(2013年)でした。
同年の夏に家を建てるとき、新居での効率のよい収納方法をネットで検索しまくっていました。
あるブログにたどりつき、その方が「ライフオーガナイザーになりました」という記事を掲載されていまして、
それで「ライフオーガナイザーって?」と、また調べまくったところ
これは勉強したい!! 
と強く思い、2級の受講、そして1級の資格を取得しました。

私は掃除は嫌いですが片づけ、収納は好きでした。
収納がパズルのように思えるのです(笑)。
独身の頃は部屋もそれなりにスッキリしていたようにも思えるし、
どこに何があるのかすべて把握していました。

ところが。。。。
結婚して一変しました。夫の持ち物が多すぎて、モノを捨てられないタイプだったのです。
しかも、全部見えてないとダメというタイプで、隠す収納派の私が片づけるとは真逆なのです。

アパート暮らしの時には、夫は部屋ひとつを自分の書斎にしてクローゼットも自分だけで使えるのに
着もしない何年も前の、山のようにあるスーツ・ワイシャツ、オフの服を
それはそれは大切にクローゼットにしまいこみ、
普段着る服が入りきらないものだから、リビングに置く始末でした。
それでも入りきらないものは、私のクローゼットに。。。

洋服のみならず、すべてのモノにおいてそんな状況で暮らしていましたから、
もう片づける気にもなりません。
(下手に片づけたら怒るし)

限られたスペースに収まるわけがないんです(捨てられず、入ってくるばかり)!!!

子供も生まれ、モノにあふれ、友達はもちろん自分の親でさえ、家に入れたくない状況が数年続いたのですが、
将来設計、縁、タイミングが合い、新居を構えることとなり
この機会にすべて見直したいと、上手に収納している方を検索していたのでした。

に続きます




[PR]
by vidacomoda | 2015-11-08 01:20 | ライフオーガナイズとの出会い | Comments(0)