人気ブログランキング |

おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

子供と一緒に買い出し

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

うちの食材などの買い物は、ネットスーパーを利用しています。
子供と一緒にスーパーに行くのが非常にストレスだったからです。
(思い通りにならないと暴れたり泣いたり・・よくあるパターンで、大体想像つくのではないでしょうか(笑))
でも最近は、行く前に約束をすることで、少しずつよくなってきたので
簡単なお買いものなら一緒に連れて行くようになりました。

先日、買い物リストを、子供に書かせてみました。
「みかん」「玉ねぎ」「人参」「ジャガイモ」などなど。
書けた というので見てみると・・・

d0340310_08150276.jpg



みかん と たまねぎ しか読めない・・・
途中から右から左へ書いてるし・・・

そこで、
 ひとつ書いたらその下に書く
 左から右に書く
と説明したら、このように


d0340310_08175637.jpg





































おおお!!! 上出来!! 〇もついている!!
人参とお芋が一部くっついてたり、ベーコンが「べこん」になってますが(笑)
(写真は掲載してませんが、裏にもリストがあります)

この紙を嬉しそうに自分のバッグに入れて、メモ見ながらハイテンションで
買い物かごに入れていました。
そんな姿をみて・・・
もしかしたら、早くからこうしてあげればよかったのかなぁ~
とも思ったのですが、私たち母娘は今このタイミングがベストだったのだと
思います。

買い物中、あれもこれも欲しい(お菓子)と少し駄々をこねましたが、
少し譲歩はしたものの(笑)、「リストに書いたもの以外は買わない」という
約束も守り、大満足だった様子でした。
帰宅後は
「自分で買い物リストを書き、それを見ながら自分で選んでお買いものをした」
ということを自慢げにお父さんに報告していました(笑)

私自身、大切なことを学んだひと時でした。


by vidacomoda | 2015-11-18 12:18 | 子供のこと

帰宅後は大忙し

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

うちは年中の女の子がおります。
ほんの少しですが、次の日の幼稚園の準備を自分でするように
促しています。
今はまだハンカチの交換くらいです。

私はフルタイムで働いており、時期により残業があるのと職場が遠いことから
幼稚園の通常保育のあと20時までの預かり保育を契約しています。

お迎えに行って帰宅する時間は、日によりますが平均して
19時~19時半の間  
帰宅してから寝るまでは下記のとおり

①抱っこ(週、半々(笑))
②幼稚園グッズをすべてだす
・給食のお箸セット(お箸、スプーン、フォーク、ケース)
 (・お弁当の時は上記+お弁当箱)
 ・うがい用のコップと歯ブラシ
 ・おやつのゴミ
 ・上記3つをそれぞれ入れている巾着をしまう
 ・ハンカチ
 ・水筒
 ・おしぼりケース、おしぼり
 ・ランチョンマット
 ・お便りの有無確認(この時点ではまだ読まない)
 ・出席ノート
 ・お友達からもらったお手紙やお絵かきしたもの、作ったものなどの山のような紙類
③上記②のものを確認し、洗ったり洗濯にまわしたり、園専用のバックに戻したり、翌日の準備
④洗い物と並行しながら夕食準備
  前日や朝のうちに準備ができたりできなかったりと、まちまち。
⑤夕食&片づけ
⑥入浴

ここまでこなすのに、途中、
「一緒に遊ぼう~」「みてみて~」「抱っこーーーーーー」「おなかすいたーーー」
「お手伝いしたいー」
邪魔が要望が入ってきます。
 
なので、あっという間に21時、21時半となってしまい、
遊んであげる時間がなくなります。
少し遊んだりすると就寝時間は22時になることが多いです。
遅いですよね。
(ちなみに夫は帰宅していても、ほぼあてにできません、諦めています。)

朝は7時に起こして、7時40分頃には出発です。
冬は雪道なので7時20分すぎには出ないと間に合いません。

大先輩のオーガナイザーの方のセミナーを受講したときに
お手伝いをしたいといってきたらチャンス!!
  ご飯づくりも一緒にやってみましょう。
  自分でやった方が早いけれど、一緒に行うことで
  子供はお母さんと遊んだ感覚で満足するし、将来に役立つ
とアドバイスを受けて、以前やってみたところ、本当にその通りで
今や三色ごはんの卵とそぼろ、チャーハンなど、手を添えてあげなくても
ある程度一人で調理できるようになりました。
その間、洗い物もできちゃうんです!!

でもそれは、ある程度の時間があるとき。。。
帰宅時間が遅いと、その分、子供の寝る時間も遅くなって
当然起きれないのです。つまり、私が大変です。

子供にお手伝いをしてもらうことによって、家事を通してコミュニケーションがとれ、
子供の自立も図っていけれる
  でも
翌日の朝のことを考えると、起きてくれないと本当に大変で、お手伝いをさせない方が
平和(笑)でさらに子供の寝不足を回避できる

悩ましい問題ですが、時間にやや余裕のある時、翌日の朝ゆっくりできる時など
無理のないようにやっています。
最近はランチョンマット、カトラリーの用意、盛り付けもしてくれるようになりました。

高校生はお弁当ですよね。
その時になったら、自分でお弁当を作って持っていくようにさせたいと、目論んでいます(笑)。


by vidacomoda | 2015-11-12 13:17 | 子供のこと
こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

「ライフオーガナイズ」という言葉を知ったのは、2年前(2013年)でした。
同年の夏に家を建てるとき、新居での効率のよい収納方法をネットで検索しまくっていました。
あるブログにたどりつき、その方が「ライフオーガナイザーになりました」という記事を掲載されていまして、
それで「ライフオーガナイザーって?」と、また調べまくったところ
これは勉強したい!! 
と強く思い、2級の受講、そして1級の資格を取得しました。

私は掃除は嫌いですが片づけ、収納は好きでした。
収納がパズルのように思えるのです(笑)。
独身の頃は部屋もそれなりにスッキリしていたようにも思えるし、
どこに何があるのかすべて把握していました。

ところが。。。。
結婚して一変しました。夫の持ち物が多すぎて、モノを捨てられないタイプだったのです。
しかも、全部見えてないとダメというタイプで、隠す収納派の私が片づけるとは真逆なのです。

アパート暮らしの時には、夫は部屋ひとつを自分の書斎にしてクローゼットも自分だけで使えるのに
着もしない何年も前の、山のようにあるスーツ・ワイシャツ、オフの服を
それはそれは大切にクローゼットにしまいこみ、
普段着る服が入りきらないものだから、リビングに置く始末でした。
それでも入りきらないものは、私のクローゼットに。。。

洋服のみならず、すべてのモノにおいてそんな状況で暮らしていましたから、
もう片づける気にもなりません。
(下手に片づけたら怒るし)

限られたスペースに収まるわけがないんです(捨てられず、入ってくるばかり)!!!

子供も生まれ、モノにあふれ、友達はもちろん自分の親でさえ、家に入れたくない状況が数年続いたのですが、
将来設計、縁、タイミングが合い、新居を構えることとなり
この機会にすべて見直したいと、上手に収納している方を検索していたのでした。

に続きます




by vidacomoda | 2015-11-08 01:20 | ライフオーガナイズとの出会い

はじめまして

はじめまして
ライフオーガナイザーのchiekoです。

片付かない部屋・・・・・

捨てても、収納本を読んでも、すっきりしない理由。。。

 頑張ってものをたくさん捨てても、まだすっきりしない
 時間をかけて部屋をきれいに片づけても、すぐに散らかる
 収納本を参考にしてやってみても、なんだか自分の家には合わない
 一見、きれいに片付いているけれど、使い勝手がよくない

実は、片づけや収納の前にしなくてはならない大切なことがあるのです。
 自分の「価値観」をはっきりさせる
ということです。

収納本や素敵ブロガーさんの方々の価値観と自分の価値観は同じとは限りません。
ほかの人の価値基準を真似するのではなく、
「自分はどうしたいのか」 「何が大事なのか」 をじっくり考えてみます。

理想の暮らしは・・?
ないたい自分・・・
自分が心地いいと思える部屋とは・・・?
そこでどんなふうに過ごしたいだろう・・・

自分にとって必要なものや、望んでいること、どんな暮らし方をしたいかを導きだし、
自分にあったお片付けをお手伝いするのがライフオーガナイザーです。
 
~「ライフオーガナイズ もっと心地いい暮らし方」(主婦と生活社出版)を引用~

(ライフオーガナイズ、ライフオーガナイザーの定義や詳細はこちらをご参照ください)

とはいっても、私は1級合格したばかり。
これからたくさんの経験を積み、勉強していきます。

よろしくお願いします。







by vidacomoda | 2015-11-06 06:26 | 私のこと