人気ブログランキング |

おもちゃ箱ひとつから ~tiny tidy trying!~ vidacomoda.exblog.jp

育児に家事に仕事と毎日忙しいけれど、おもちゃ箱1つでも、小さいところから少しずつ片づけて気持ちよく暮らしたい。


by chieko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:無印良品 ( 5 ) タグの人気記事

こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

3年ほど前に、現在のお家に引っ越してきました。
「ライフオーガナイズ」という言葉を知り始めた頃です。

夫は片付けが苦手なうえにモノを減らすことができない、
また出したものを元に戻すこともできない
そしてあれどこ?これどこ? といつも聞いてきます。

新居では、まずは何かと使用頻度が高い文具品を
夫にもわかるような収納方法にしようと思い、
無印良品のポリプロピレン小物収納ボックスの6段と3段を使い
●分かりやすいように分類し
●分かりやすい配置にし
●分かりやすい名前でラベリング
をしました。

d0340310_01504624.jpg



これで夫にも分かりやすく、さぞかし使い勝手がよくなるだろう、
そしてあれはどこだ?と聞かれることもなくなるだろうと
満足していました。

ところがです。
相変わらず、あれはどこだ? これはどこだ? どこにしまった??
と聞いてくるのです!!

私「はぁああ?? ちゃんと書いてあるでしょう?!」
夫「知らない、どこに書いてる?」

なんですって??

ちゃんと分かるようにラベリングしているのに!!
発狂寸前の日々です。

ところが・・・・
ライフオーガナイズを学び、脳にも利き脳があり
その特性によって片づけやすい方法が違う ということを知り
納得しました。

私の利き脳タイプは左右脳タイプ。
マイルールがあり家族共通のものを自分のマイルールで片付けてしまうと
「なぜこんな場所にこんなモノが??」と家族が混乱することが少なくない。

夫の利き脳タイプは右右脳タイプ。
直感的、感覚的で文字よりも形や色で判断。(文字はあまり見ない)
モノを元に戻すことが苦手なので、ワンアクションで視覚的に見やすく
収納するとよい。
見えていないものはないのも同然。

そうだったのかー。
文字、見てないんだ(笑)
文字ではなく写真とかイラスト、若しくは色別にして
 記してあげるとよかったんだ。
中身が見える収納グッズがよかったんだ。


●分かりやすいように分類し
●分かりやすい配置にし
●分かりやすい名前でラベリング
これらは皆、私が私の「マイルール」で分類・配置しただけ。
夫には決して分かりやすい収納ではなかったのです。
そしてよかれと思っていたラベリング。
文字での判断はしていなかったのです。

「わかりやすい」「片付けやすい」方法って皆同じと思っていました。

そうではないのです。
人それぞれなんだということが、ライフオーガナイズを学んで
分かりました。




既に3年も経っていますが、夫にもどういう分け方が使いやすいかを
相談しながら、見直していく予定です。


参考になることがあれば嬉しいです。





by vidacomoda | 2016-10-12 02:18 | 片付けのこと
こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

我が家にはホワイトボードが6つあります。
(最近、1つ追加して6つになりました。)

過去記事はこちら

4つ目のホワイトボードは、主に、忘れては困る年長女子の予定を管理するために
使っています。


場所は、キッチンから洗面所へ行く途中に私専用のコーナーがありまして、
(「その3」のお手伝いボードがある場所)
その壁面に吊るしています。

d0340310_13160877.jpg


習いもののレッスン日程表のほか
幼稚園からもらってくるお便りで
 行事日程表(月間)
 行事の連絡事項が記載されているお便り
 提出期限が記載されているお便り
 給食献立表
これらの大事な個所にマーカーをして、
無印良品の『マグネット付クリップ』で挟めてつけています。

d0340310_13170924.jpg




必要な持ち物はなんだったか?
何時までに行けばよいか(親が参加する場合など)
など、確認するのに「あのプリントどこいった?」と探す手間をなくすように
しています。





時には、プリントだらけになってしまうこともあるのですが、
今のところこの方法が一番合っているかなーと思っています。

このマグネット付クリップ、便利ですね。
さすが無印。

d0340310_13163910.jpg


参考になることがあればうれしいです。






by vidacomoda | 2016-07-29 06:17 | 時短の工夫
こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

我が家のカトラリー収納は、無印良品の

『アクリル縦でも横でも使える小物収納6段』を利用しています。





d0340310_06180700.jpg

横向きにして使っています。

上段 左から
・お箸
・スプーン(小)
・子供のスプーン・フォーク

d0340310_06193128.jpg

下段 左から
・スプーン(大)
・フォーク(大・小)
・ナイフ、スプーン

d0340310_06203383.jpg
ぐちゃぐちゃですね(笑)

写真をご覧いただいてどうでしょうか?
どうしてこういう分け方をしているのだろうか? と
思う部分はありますか?
 子供のものは、1つのケースに入れているのになぜお箸だけ大人と一緒? とか?
 スプーンは大・小に分けているのに、なぜフォークは一緒なの? とか?
 なぜナイフと一緒にスプーンが入っているの? とか?
 なぜそろえてしまわないの? とか?

カテゴリー分けの基準に一貫性がないのでは? と感じますか?

自分でもそう思います(笑)
私の利き脳タイプは「左右脳タイプ」

細かく分類したいと頭では思っていても、細かく片付けることが苦手です。
そして自分だけのマイルールがあります。
それが納得していれば、多少の不便(出し入れしにくい)でも元に戻せます。
なぜこんなところに、こんなものが? と言われがち。

私の場合
・お箸 
  →お箸だけを入れたい。
・スプーン(小)
  →何かと使用頻度が高いのですぐに取り出せるようサイズの違うものは
    入れたくない。かつ色味をそろえたい
・子供のスプーン・フォーク
  →カラフルになるのが嫌で、1か所にまとめたい。
    だけどお箸は形が違うのでここには入れたくない
・スプーン(大)
  →大きいスプーンはカレーなどの時にしか使わない
・フォーク(大・小)
  →大人はフォーク自体あまり使わない
・ナイフ、スプーン
  →使用頻度が少ないものばかりをここに。
   ルクルーゼのスプーンも可愛いけれど、あまり使わない

本当は、『引出をあければ、種類ごと・サイズごとに美しく収納されている』に
憧れるのですが、私には、その場所にひとつずつ戻すという行為が
維持できないと思うのです。
多分、ぐちゃぐちゃぐちゃ と並ぶことでしょう。。

そうであれば
 引出しのように上からの目線で
  ぐちゃぐちゃが丸見えにならないように
 出し入れが困難にはならない目の高さより少し下あたりの位置に
 誰が見ても何が入っているかが分かるように透明なケース
 ざっくりと分けて
収納しています。




ポイポイ入れてるだけなので、ぐちゃぐちゃですが、
食器棚の中に入れているので、扉を閉めれば見えず全く気になりません(笑)

d0340310_06281562.jpg

無印良品の『アクリル縦でも横でも使える小物収納6段』
私にはびったりなグッズです。


それに穴があいているので・・・
便利なのです。

d0340310_06284095.jpg

こうやって

d0340310_06285276.jpg

ポイッ

d0340310_06292161.jpg


d0340310_06300220.jpg

便利です(笑)


参考になることがあれば嬉しいです。






by vidacomoda | 2016-07-28 06:35 | 収納
こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

以前も書きましたが、我が家の幼稚園児の年中女子(右左脳タイプ)は
お絵かきが大好きです。

お絵かき帳や白い紙を、いちいち聞かれないように、出してと言われないように
このように収納しています。


d0340310_08502361.jpg


無印良品のポリプロピレン引出式・横ワイド・薄型です。
(個人的にこのケース大好きなんです)



d0340310_08504148.jpg


「しろいかみ」としては、プリントアウトして最終的に使わなかった
個人情報の記載がない裏紙を入れています。

ちょっと贅沢な収納だなぁ~と思うのですが(私が使いたい)
こうすることで、自分で自由に出し入れしています。
お絵かき以外にも糊を貼るような作業をするときに
「糊台紙」として自分で「しろいかみ」から裏紙を出して
せっせと遊んでいます。
ラベリングも有効です。

参考になれば嬉しいです。




★お知らせ★
6月4日(土)にライフオーガナイズチャリティイベントが開催されます。
お申込みは4月からです。
たくさんのご参加をお待ちしております~。

d0340310_18483139.jpg




にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村






by vidacomoda | 2016-03-19 08:54 | 子どもの片づけ
こんにちは。
ライフオーガナイザーのchiekoです。

先日、我が家の幼稚園児の年中女子(右左脳タイプ)の文具類の収納についての記事を書きました。

ちょこちょこと変えたりはしていますが、うちの子には大成功な
収納方法だったようで、概ね維持しています。

先日、「自分で変えたい」と言ってきて、黙って様子をみていたのですが、
最終的にこのようになりました。



                      before
d0340310_18021196.jpg



                      after
d0340310_18023000.jpg



どこが変わったかわかりますか?


無印良品のボックスキャスターの中に入れていた
同じく無印良品のポリプロピレン収納ボックス6段セットを
キャスターのうえに出したのです。

私的には、んーーー、どうだろう・・と思ったので
(中に収めておきたかったので)
「どうしてこれがいいなぁと思ったの?」と聞いてみました。

すると

「前の(場所)だったら、(ペンとか引き出しを)とるときに、
 (かがまないとならないから)取りずらいから。
 これ(この場所)だと普通に立ったままとれるから」

ほほぉーーーーーーーーーーーーーーー。
なるほど!!

この一年で背も高くなり、少しかがまないと、ラベリングの字が見えずらいから、
キャスターのうえにおけば、目線が合う、
(少し目線を落とせば、立ったままですぐ見える)
ということなんですね。

かがむことが面倒なんだ・・さすが私の子どもだわ。とも思いましたが(笑)。

大人目線で見ると、どの場所も同じと思いがちですが、
体の成長によって変化していく子供のゴールデンゾーンも考えてあげた方がいいですね。

見た目は相変わらず、イマイチですが、子供が自分で考えて配置した結果なので
しばらくこのまま見守ります♪


★お知らせ★
6月4日(土)にライフオーガナイズチャリティイベントが開催されます。
お申込みは4月からです。
たくさんのご参加をお待ちしております~。

d0340310_18483139.jpg




にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村



by vidacomoda | 2016-03-17 20:23 | 子どもの片づけ